あらすじ自動作成マクロの試作版ができました。
 と1ヶ月前にいいましたが、いやあ、あくまで試作版ですからいろいろと不備があるというか、できそこないここにきわまれりというか。非常に残念なできでした。公開していないのでなんのこっちゃと思われてるでしょうから、できたあらすじの一部を公開してみます。

 ダメさ加減がはっきりとわかるように同じエピソードから作られたあらすじをチョイスしています。あらすじ自動作成マクロがどういったものかイメージできるかと思います。


■自動あらすじ・例1

浜・小百合(はま・さゆり)は身長170センチで体重50キロの大学生です。夜はファミレスの給仕係をするのが日課です。
ファミレスの給仕係を終えて一息ついていると白いネコがあらわれました。白いネコがいいました。
「明日、砂浜で待っている」
白いネコはひらりと身をひるがえして去っていきました。


■自動あらすじ・例2

長塩・啓太(ながしお・けいた)は身長172センチで体重52キロの中学生です。夜は英会話教室へいき講師をするのが日課です。
英会話教室へいき講師を終えてコーラを飲んでいると木蓮の妖精があらわれました。木蓮の妖精がいいました。
「3時間後、ショッピングモールで待っている」
木蓮の妖精はマントをひるがえして去っていきました。


 ダメさ加減がおわかりいただけたかと思います^_^;

 あらすじ自動作成マクロの試作版ができました。妥協しまくったすえに大枠だけの完成です^_^; エピソードだけ集めたファイルを作り、そのなかから各エピソードをランダムに抽出、並べかえてあらすじファイルを作成。あらすじ自動作成マクロの動作をおおまかに説明するとこうなります。

 自動作成マクロで出力されたあらすじは、パッと見に同じような話にならないように小細工をしています。つまり、ちゃんと読むとエピソードをならべかえてるのがバレバレになるということでもあります^_^; いまの段階ではとても公開できるような代物じゃありません。元になる文章の量を増やすという力技もありますし、最終的にはエピソードを量産する方向にいくのは確実なんですが、いまの段階ではもうちょっと工夫をしたいんですよね。工夫の余地はまだまだあると思うんだ。

 あらすじ自動作成マクロを作っていたのですが、もう三ヶ月くらい頓挫しています。マクロ作成に時間をとれなくなって、それっきりになってしまっているのです。

 あらすじ自動作成マクロっていっても、そんな大それたものじゃないんですよ。あらかじめ短い文章をいくつか用意してランダムにつなぎあわせるだけ。冒頭とラストだけは特別なテキストを差し込みますので、パッと見にはランダムに作成されたようには見えないようになっています。自動作成のあらすじですから小説を書くときには使えませんが、お遊びとしてはおもしろいかなと思ってたんです。

 秀丸で動作する秀丸マクロでつくってたんですが、三ヶ月もほったらかしにしてますと、もうすっかり忘れてしまってます。また、いちからですわい。いろいろ試しながら完成させることにします。

 いつまで続くかわかりませんが、あらすじ自動作成マクロについて、可能な限り記事にしたいと思います。たぶん、とちゅうで妥協しそうな気がしますが……。

 ――新年をむかえてしまった。二ヶ月くらいブログの更新をしていない……。息切れしたのでございます。師走は忙しかったしね。いろいろと書くネタはたまっているんですが、年もかわったことだし、昨年のネタは潔くビシッと捨てましょう。ゼロからのスタートや。

 正月。とくになにもしていない。三が日までは休日でしたが、4日からは仕事がはじまりました。正月休みのぶん仕事がたまっていると思うと、なにもする気がしなかったのだ。ひたすら寝正月でテレビをぼんやり視聴しておりました。寂しい正月だ(T_T)

 しかし、ひさしぶりの更新だというに、なんと中身のない記事か。いつにもなしてスカスカだ。水っぽくて食べられたものじゃない刺身といったところか。生クリームのデコレーションがないスポンジケーキだ。あんこのはいってないあんぱんだ。次回からはもちょっとましにしたいものである。

 ……。
 …………。

 あ、そうそう。お年玉をしこたまとられたので今月は金欠です。つらい。つらいよ(T_T) 職場の先輩がサプライズでお年玉をくれないかなあ(T_T)

 清原憲史{きよはらのりふみ}は憤怒の形相で、店員にむかって枕を投げつけた。
 ナノテク技術を取りいれた最新枕が、豊満な胸にあたって跳ねあがる。
「お客様、どうなさいました?」
 店員は動じず、落下した枕をキャッチした。微笑さえ浮かべている。口紅が店舗の照明を反射して、赤く濡れ光った。
 清原は額の青黒くなった痣を指さし、大声でどなった。
「枕のせいだ! まともなのと交換しろ!」


 最近になり、清原はどれだけ睡眠をとっても、まるで寝た気がしなくなっていた。体の疲れはとれているが、睡眠欲が満たされないのはつらいと、頭を抱えていたのだ。
「そういうことで、昨日ここで買ったんだ」
 どなってすっきりしたのか、清原は落ちついた声で説明した。
「それはありがとうございます」
 店員に礼をいわれた。シミひとつない綺麗な笑顔からは、物に動じないぞというオーラがにじんでいた。クレーム処理に慣れていますという印象を受ける。
 ナノテク枕を買ったのは、「夢がふくらむナノテク技術」という売り文句に惹かれてだ。複雑に織り込まれたナノテク繊維が、頭にジャストフィットする助けとなるらしい。
 寝心地はよかった。うとうとしていたところまでは覚えている。その後、眠りに落ちたのだろう。夢を見ていた記憶がある。さすが、「夢がふくらむナノテク技術」である。
 だが、いきなり起こされてしまった。
 頭を強く押されたかと思った刹那、勢いもそのままに、タンスに額をぶつけたのだった。
「当店の枕と関係があるのでしょうか?」
「枕を変えた直後なんだから、関係ないわけないじゃないか。オレが考えるに、枕が元の形に戻った反動ではじかれたんだ!」
「それは大変失礼いたしました」
 店員が頭を下げると、肩で切りそろえられた黒髪が、はらりと流れた。
「ですが、お客様」
 店員が顔を戻しながら、耳のうえに髪をかきあげた。
「そのようなクレームは、ほかにございません。こういってはなんですが、お客様ご自身に問題があるのではないでしょうか?」
「はあ!? 責任逃れか!」
「いいえ、責任からは逃げません。なぜそうなったのかという原因を、責任をもって究明させていただきます」
 店員が不敵に微笑んだ。


 タイトスカートを張りつめさせたヒップが、左右に揺れ動いていた。店員が三脚を立て、ビデオカメラをセットしているのだ。
「念のため、本社に確認をとりました。やはり、同様のクレームはないということです」
「はあ。それはどうも」
 清原が布団のうえであぐらをかき、店員を横目で盗み見ながら返事をした。慣れ親しんだ寝室とは思えなかった。すでに怒りのエネルギーは霧散し、あいたスペースに戸惑いが滑り込んでいた。
 どういう話になったのか。くわしくは覚えていない。店員のペースに巻き込まれ、いつのまにやら、昨夜と同じことが起こるか確認することになってしまった。
 そして、この状態である。
「技術部の者とも話しました。おっしゃるとおり、ナノテク枕の復元力は、人間の頭をはじくぐらいの力があるそうです。ただし、頭が乗っているかぎり、枕が戻ることはない。物理的にありえないと、断言しております」
 ビデオカメラとノートパソコンをつなげ、
「セット終了です」
 と、店員がきっちり膝をそろえて正座した。
「事が起こるまで、ここで待機させていただきます。カメラは検証のため設置しました」
「いや、その」
「さあ! お眠りください」
 静かなる気迫に押され、清原は横になった。店からもって帰ってきた枕に頭をあずける。眠るために目を閉じるが、睡眠天使はいっこうにやってこなかった。まだ午後九時をすぎたばかりなので無理もない。しかも、まぶたを透かして、照明の光が見えるしまつだった。
「店員さん、すみませんが」
 目をあけた清原の眼前に、そろえられた膝頭があった。とまどってそらした視線の先に、店員の微笑が待ち受けていた。
 清原は咳払いを挟んでから、
「眩しいから照明を切ってもいいですか?」
「ダメです」
 にべもなく、ぴしゃりとやられた。
「暗くすると、カメラに映りません。ですが、眠れないというのも問題ですね。しょうがありません。台所をお借りします」
 立ち上がった店員が、隣室へと姿を消した。しばらくして、レンジが「チン」と鳴る。
「お待たせしました」
 鼻腔を甘い匂いにくすぐられた。
「これをお飲みください」
 差しだされたマグカップにはミルクが満たされ、ほんのりと湯気が立っていた。
「体が温まって、すぐに眠くなりますよ」
 清原は店員にいわれるまま、素直にホットミルクを飲んだ。横になり、まぶたを閉じる。
「では、眠くなるまでお話をしましょう」
「はあ」
「確認です。額をぶつけたとき、眠っていたんでしたよね?」
「ええ」
「横になっていただけでしょうか? それとも、完全に眠っていた?」
「うとうとした後でしたし、夢を見ていたような気がするので、眠っていたと思います」
「どんな夢を見ていましたか?」
「よく覚えてませんが、手足をのばしてのびのびしていたと思います。――あの、こんな話をして意味あるんですか?」
「確認という退屈で単調な話なので、眠りやすいかなと思いましたもので。それに、睡眠薬が効くまで間がもちませんし」
 睡眠薬という単語に、清原は跳ね起きようとし――できなかった。思うように動けない。瞼も重い。意識は際限なく希薄に拡散し霧消。
「眠れないということでしたので、さきほどのホットミル――」
 店員がいい終わるよりも早く、清原は眠りの沼に沈んでいった。


 目が覚めたのは、跳ばされた瞬間だった。
 またか! と額を両手でガードしようとするが、起き抜けでは動きがにぶすぎた。緊張で体を固くしたが、想像した痛みはやってこなかった。やわらかく跳ね返されただけだ。
 布団のうえに尻もちをついた清原は、目をしばたたいた。ふくよかな胸をそらした店員が、タンスの前に立っていた。
「まったく、驚きだわ」
 あごに人差し指をあて、何事か考えているふうに、ビデオカメラまで歩いていく。
「映っていれば、いいのだけれど」
 店員はあごからはなした指で、カメラの停止ボタンを押した。
 清原は座り込んだ姿勢で、彼女の動向を見守るしかできなかった。声をかけようとしても、なにをいえばいいのかわらず、喉からは息しかでてこなかった。
 店員がカメラをテレビに接続し終わり、こちらをふりむいた。
「原因がわかりました」
 再生ボタンが押された。
「お客様がどなり込んできたとき、おしゃっていましたね。最近は寝た気がしなくなったと。でも、体の疲れはとれていると」
 モニタの映像は、ミルクを飲んだ直後まで進んだ。
「眠る前の話では、夢を見ていたような気がするとおしゃっていた。手足をのばしてのびのびしていた、と。自由を満喫していたのでしょう――見て、ここからよ」
 清原は唾を飲み込み、画面に見いった。
「うぐ」
 喉から、声にならない声が絞り出された。
「技術部のいったとおりでした。枕に頭が乗っているかぎり、枕が元の形に戻ることはない。逆にいえば、頭が乗っていないとすれば、枕は元に戻るということ」
 モニタの映像では、たしかに枕が元に戻っているのが確認できた。跳ね飛ばされ、店員の胸に跳ね返される自分を見ながら、清原は体を震わした。
「そんな、まさか……」
「信じられないのも無理ありません。ですが、事実です。そして、やはり。枕のせいではなく、あなた自身に原因があった」
 店員はいい終わると、機材を片づけはじめた。手際よくおおきなカバンに収めていく。
「この枕は返品されたほうがいいでしょう」
 店員が枕の代金を置き、かわりに枕を片手につかんだ。
「では、失礼いたします」
 一礼し出ていった。
 静寂が支配する部屋の中、清原は自分が見た映像をもう一度思い出した。
 自分の体から白いもやのようなモノがでて、手足を大の字にひろげるのを。
 体という殻から開放された魂が、のびのびとしている様を。
「夢がふくらむナノテク技術か」
 ポツリつぶやく。
 ナノテク枕は物体としての頭ではなく、魂の頭が離れたことを感知し元の形に戻った。
 清原はそう納得し、ナノテク技術に改めて舌を巻いたのだった。


 店員は機材を所定の部署に返した。
「お疲れ様です」
 労いの言葉をかけてくる担当に、片手をあげてこたえ、更衣室へむかう。その背に、
「ああ、それと三村さん」
 と、担当の渋い声があたった。
「パソコンやビデオカメラは、もっと丁寧にあつかってくださいよ。三脚やらといっしょにカバンにしまってるじゃないですか」
「気をつける」
 三村と呼ばれた店員は、更衣室にはいった。ため息をつきながら服を脱ぎはじめる。
 今日も不良品に関する苦情を処理した。返品を幽体離脱など嘘八百。映像に細工するなどは、パソコンを使えばたやすかった。
 絵空事を躊躇なく口にできるという才。それゆえにクレーム係にされたが、もう疲れた。
 ウソをつくこがではない。
 店員は服をすべてぬぐと、両胸のふくらみをつかんだ。
「肩こるんだよな、これ」
 店員がやおら胸のふくらみをひねった。
 あっけなくとれた。
 さしたる感情の起伏もなく、ヒップにも手をかけ、同じようにむしりとる。手は首のつけ根あたりに移動し、顔の皮をめくっていく。
 光にさらされたのは、男の顔であった。カツラはいつのまにか床に落ちている。
「ふう、すっきりした」
 声も男のものであった。いまはいだ顔は、首のところに変声機がついているのだ。
 バストとヒップはスタイルアップツールで、顔に装着していたものは変装ツールだった。いずれも試作品だが、このテストがうまくいけば、製品化もありうるかもしれない。
 クレーム処理係は女性のほうがやりやすいが、店内でクレーム処理に耐えられる女性はいなかった。返品を受けつけるくらいならだれでもできるが、口コミで不評が広がらないようにするためには経験が必要なのだ。
 本社の開発部から、二種の試作品が届けられたのはごく最近だった。テストをかねて、使用させられているというわけである。
「夢がふくらむナノテク技術か」
 安易に鼻の下をのばせなくなったなと苦笑しながら、店員はつぶやきを落とした。

円天たゆたう

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 円天という独自の通貨でワイドショーに名をとどろかせたエルアンドジー。そのエルアンドジーの波和二会長がブログを開設している。波和二会長のブログは円 天 /波 和二である(ちなみにBIGLOBEのウェブリブログが利用されている)。

 夢見がちな中学生の妄想かとうたがう内容だ。しかし、実際に何億円と集めた詐欺師が書いたというバックボーン込みで読むと、すこぶるおもしろい。痛い発言ばかりなので鼻で笑ってしまいそうになるが「すわ、詐欺師がひとをだますテクニックとはこれか!?」と深読みできる記述もある。ブログに書かれている内容はおおむね笑ってしまうが、なあに、それが詐欺師の手練手管なのだ。わたしが書くようなへたな小説より何倍も愉快である。

 ――ねんのために書いておくが、わたしは波和二会長のシンパでもないしエルアンドジーの社員でもない。あかり会員でもなければ友人知人にも会員はいない。まったく無関係の人間だ。もちろん円天をすすめているわけでもない。「欺術」よりもおもしろい読み物だと、ただそれだけをいいたかったのである。

このブログを購読

購読する

今月のピックアップ

Powered by Movable Type 4.01